咲の花畑

ブログというよりメモ的な。でも皆様の役に立てばと。暇潰し程度にどうぞ。

赤白バイク レシピ 1

今回しているデッキは下のものです。
f:id:densaki:20170717185738j:plain

特筆すべきは3点ほどですね。
1、ザ・レッドとトップギアの枚数
2、受けの薄さ
3、メタクリの多さ

一つずつ見ていきましょう。



1、ザ・レッドとトップギアの枚数
まず、枠の都合ですね。メタクリを多く積んでいるため、どこか枠を削らなければなりませんでした。それが今までスパークが入っていた枠と、レッドとギア1枚ずつ、ということです。

初動であるギアを減らしているのに不安感があるのは分かりますが、そこまで問題はないです。
初動はフォース4、ギア3、オリオティス3の合計10枚。後攻の場合でギアからでは間に合わない相手はフォースから走るしかありませんし、速度で負けたくない大概の速攻相手にはティスが面白いくらいにささります。

ザ・レッドの枚数については、メタクリの採用によりそこまで最速で走り抜ける必要性が薄くなった、というのが理由ですね。コントロール相手にはメタクリを投げて軽いロックをかけながら殴り、速攻相手には最も刺さるメタクリを投げるか、最速(フォース)で上から殴る。どちらの場合でも体感対して影響はなかったです。



2、受けの薄さ
従来はスパーク呪文を2~4枚ほど採用しているものがベターでしたが、この構築にそれらしい受けはホーリーしか採用していません。重要なのは、フォース→ティスによるジャスキル回避です。そのため、できる限りティスが場に1枚あるか、ハンドに1枚ある状況をキープするのが望ましいです。ハンドキープが得意なデッキではないので、相手に合わせて動きましょう。

スパーク呪文不採用の理由は、まず枠の都合、そしてジャスキル回避のフォース→ティスだけで十分ということ、最後にホーリーほどの重要性がない(踏ませれば勝ちという状況を作り出すことはできない)という3つです。
まあ異論はあると思いますが、今のところ困ってないのでこれでよしとしてます。



3、メタクリの多さ
このデッキに入っているメタクリは、ティス3、オーリリア3、単騎3となっています。どれか1種、あるいは2種採用というのはありますが、ここまで露骨にメタを張りにいっている形はそうないと思います。

理由は単純にメタを張りにいかないと勝てない相手が増えたことと、そのために枠を割いても勝率が下がる相手が特にいなかったこと、の二点です。
前者は特にロージア、後者は速攻系全般ですね。

先行ヘブフォオーリリア単騎は大概のコントロールの動きが止まります。そこまでせずともどちらかを早い段階で投げるだけで相当重いですし、速攻はオリオティスが元祖レッゾを早期に投げるだけで速度が分かりやすく落ちます。後はケアできるものをしつつ注意深く殴れば問題ありません。



現状このデッキが重く感じるのは、特に学校男入りドロマーロージアで、時点でジョーカーズですね。後はなんとかなります。

そういえば昔、シャドウ○ースというゲームで遊んでいた頃に、勝率8割越えのオリジナルの超越○ィッチというデッキを友達と「咲式超越」とか呼んでたんですが、今思うと恥ずかしい限りですね。

ではまた。