咲の花畑

ブログというよりメモ的な。でも皆様の役に立てばと。暇潰し程度にどうぞ。

赤白バイク 4 4コストバイク

今回は2枚のカードについて。
まずは 轟速 ザ・ゼット
f:id:densaki:20170717050527j:plain

そして 轟速 ザ・レッド
f:id:densaki:20170717183711j:plain

ザ・ゼットの強いところは、そのパワーの高さです。5000GTやジュダイオウに対して有効で、革命チェンジしてきた秘術師と相討ちできるのもたまに嬉しいです。

また、Wブレイカーであることも優秀。レッゾ2種が一回の攻撃で盾を3枚しか割れないので、返しやトリガーで処理されてもこれを投げて盾を割りきれます。

しかしザ・ゼットは攻撃後破壊されるため、侵略すれば関係ないとはいえ、4コスバイクで殴らなければいけないときは小型ブロッカーを並べられる相手(サザンなど)だとザ・レッドで殴る必要があります。

一長一短の性能と言えますが、基本どちらも4投されるようです。しかし枠の都合上どちらかの枚数を減らせといわれれば、現在サザンの母数は少ないためザ・ゼットを優先するべきでしょう。
ちなみに自分はゼット4、レッド3で回していますが、これは単純にレッドの4枚目は必要ないと感じたからです。理由はレシピについての記事で。

こんなところですかね。ちなみに自分はプロモのザ・レッドよりデュエデミーのザ・レッドの方がかっこよくて好きです。

ではまた。

赤白バイク 3 轟速 ザ・マッハ

今回はこのカードについて。
轟速 ザ・マッハ
f:id:densaki:20170717032813j:plain

一枚で効果が完結しているのが最大の魅力。安定性に欠けるといっても、その突破力は一級品です。しかし5コストであるためギアから繋がらず、メタクリーチャーを投げつつ走るには遅くなりすぎるので採用枚数は2枚。

特に最近は2tの小型に対する処理が意識されているケースが多く、ギア→メタクリ→これ と投げるつもりで4コスバイクをマナに埋めたらギアを処理されて1ターン展開が遅れる場合があるので注意が必要です。

人によっては0枚というのもあるようですが、単純にトップ解決できる札が減るということとこのカードのカードパワーの高さを考えると、ネタ構築の域を出ないと思います(自分はね)。

また、赤青バイクでは3枚の採用もアリなようで、これは赤青バイクが速攻というよりビートダウンよりの動きをすることが要因の一つとして考えられます。これは全然アリだと思います。

あと、個人的にですが、バイクを相手にしていて一番終盤に引かれたくない一枚はこいつですね。元祖レッゾでもあり、レッゾZでもあり、ターボ3でもある。どう転んでもめんどくさいです。

総じて優秀。でも何も持ってこれないドジっ子属性も完備(あざとい)。

ではまた。

赤白バイク 大会レポ 1

7月16日 公認大会 参加人数25人
レシピはこれ。
f:id:densaki:20170716230357j:plain

一回戦 白単天門 後攻
自分2t、トップギア召喚
相手3t、ロジックスパークでジャスティスプランを
サーチ。
自分3t、単騎召喚。
相手4t、ジャスティスプランプレイでオリオティス
が加わる。
自分4t、4コスバイク→元祖レッゾで走る。
相手5t、エメラルーダで盾埋め。
自分5t、マッハ→レッゾZで盾を焼きつつ殴りきっ
て勝ち。



二回戦 小学生バイク 後攻
自分2t、オリオティス召喚。
相手の動きが止まり、先に殴りきって勝ち。



3回戦 リースモルネク 後攻
相手2t、メンデでトロネスクが2枚マナヘ。
自分2t、ギア召喚。
相手3t、トロネスク召喚。
自分3t、単騎召喚。次から殴るつもりだった。
相手4t、盾に向かいながらトロネスクをプチョに革
命チェンジ。ホーリー、フォースがめくれたので、4コスバイクを場にだす。
自分4t、単騎召喚し、プチョに向かってレッゾZ→
元祖レッゾを投げる。デパーチャを焼き、この時点でデパーチャとハードラックを採用しているのが確認できた。ホーリーは壁として殴らず残す。
相手5t、トロネスク召喚。
自分5t、マッハ召喚で元祖レッゾ回収。SSTケアで
元祖レッゾから殴り相手の盾を残り1枚にしつつ禁断解放。そのまま殴りきる。



四回戦 ドロマーロージア 後攻
自分2t、ヘブフォ→4コスバイク→レッゾzと走る。
盾からドラサイ。
相手3t、トップからⅩⅡ引かれて終わり。

メタクリ引くまで待ってれば良かったかなとも思っいましたが、トップ弱かったので結果論ですね。一応、レッゾZでドラサイ焼いていたら勝ってました。



三位決定戦 ドロマーロージア 後攻
自分2t、ギア召喚。
自分3t、単騎召喚。ギアワンパン。
相手4t、デモンズライトで単機をどかされる。

ものすごく長い試合だったので、この辺の記憶がないです。すいません。

その後、盤面を返され、魔天の存在を忘れていた(マナにミラスト2枚の時点で察するべきでした)自分はマナを枯らされます。しかし、ⅩⅡを1枚しか握っていなかったらしく、ロックは緩め。
ヘブフォ→オーリリアでおつかいとドラサイを縛りつつ盤面を取り戻そうとしましたがジェイルハウスロックのタップ効果に完封され、負け。
自分のラス盾がホーリーならワンチャンあるかも……とか思ってたけど普通に無理だった。



結果 4位
この赤白バイクはロージアを取れる構築を意識し、フリーでもロージアに対して従来の赤白バイクとは比べ物にならないほど高い勝率を叩き出していましたが、本番ではうまいこといきませんでした。
手応えはあったので、ひとまずこの形で回していくと思います。とりあえず楽しく収穫もあった大会だったのでよしとしましょう。

てか全試合後攻て。

ではまた。

赤白バイク 2 超音速ターボ3

今回はこのカードについて。

超音速 ターボ3
f:id:densaki:20170716085534j:plain

アタック処理終了後にハンドを全て捨て、3ドローできる。赤白バイクにおいて、自力で禁断解放させる際に必須になります。単純にアドバンテージを取れるのは文句なしに強いですね。

ただ、効果発動のタイミングが問題です。盾からトリガーで処理をされると発動できません。なので、「どうせ今ある手札は捨てることになるから、相手の場には何もないけど元祖レッゾを重ねとこう」とか思ってフォースから走ってハンドをぶん投げたらバトクロス踏んだ……とかあると思います。

最近だとバトクロス、ハードラック、テック団、落城、ドドスコなどですかね?あとカーネルが捲れて安心してると次のターンにプチョかⅩⅡが飛んで来て蓋されます。

また、以前は4投されていたようですが、最近は投入枚数が減ってきているようです。赤白でも1~3枚。自分は2枚で回してますね。赤青バイクでは0枚というのもアリなようで。

要因としては「相手の盤面に触れることができない」というのが上げられるでしょうか。赤白バイクにおいて、速攻デッキとの対面で(特に後攻の)フォース→4コスバイク→これ の動きは強くないです。後続が引けなかったときは目も当てられません。相手に手札と的を供給するだけなのでいいことは基本ないです。

前回にも書きましたが、赤白バイクにおいて「2回殴って相手の盾を0にする」というのは非常に重要です。4コスバイク→レッゾZ→これ と繋げないとその状況を作れないという点も優先順位が低くなっている理由でしょうか。

と、こんなもんですかね。ドドスコ?ドン込むナウ?皆さんはどっちでしょうか?

ではまた。

赤白バイク 1 レッドゾーン2種

今回は2枚のカードについてさらっと。

一枚は 轟く侵略 レッドゾーン
f:id:densaki:20170716010815j:plain

解説は不要……と言ってもいいくらいの一枚ですね。4枚確定です。パワー、速度、能力とどれをとっても文句なしの性能で、対象を選べない除去も、今やオニカマスにぶつけることができるという点で優秀といえます。

一撃奪取や一番隊にでもヘブンズ・フォースから4コストバイク→これ と投げることで相手に先に殴らせない動きができ、また、プチョヘンザのケアにも一役買います(プチョのケアについてはいつか書くかも)。

もう一枚は 熱き侵略 レッドゾーンZ
f:id:densaki:20170716011544j:plain

人によっては3枚にしている場合もあるようですが、自分は4枚確定枠だと思っています。ハンドを消費するものの、盾を焼けるというのは多くの速攻デッキが喉から手が出るほど欲しがっている効果でしょう。
運が強く絡みますが、コントロール(天門とか)相手に少しでも勝ち筋を作ることができるというのも忘れてはいけませんね。

また、元祖レッゾと同じく「2回殴るだけで相手の盾を0枚にできる」というのが他の進化バイクと違うところですね。とっとと殴りきって「ホーリー踏ませれば勝ち」という勝ち筋を作る必要がある赤白バイクにおいて、とても重要な点です。

ただ、元祖レッゾで相討ちがとれるミラダンテⅩⅡや、その他革命チェンジ勢に一方的に打ち取られるのには細心の注意を払いながら侵略する必要があります。

と、ざっくりこんな感じですかね。

ちなみに自分は、文字シクのレッゾより金シクのレッゾの方が好きです。皆さんはどうでしょうか?

ではまた。

赤白バイク 7 制御の翼 オリオティス

今回はこのカードについて。

制御の翼 オリオティス
f:id:densaki:20170720195226j:plain

ミラーで出されると「んうぅ……」ってなるやつその1ですね。

踏み倒しメタは未だ強力。現在はオニカマスという対抗馬を利用した赤青バイクが猛威を振るっていますが、赤白に投入されるこちらも十分に強いです。

最大の魅力は、なんといっても自分・相手のターンに関わらずボトム送りにするその能力のロック性能の高さでしょう。早い段階で切り込むバイクにとってトリガー獣によるカウンターの危険性を減らすことができるのは重要な点です。

また、ブロッカーであることもポイントですね。最近でいうとジョーカーズのナッシングゼロやビートジョッキーのバッドブランド、赤青バイクの一発目に間に合い、高火力の一撃をキャッチしたり小型で刻ませなくしたりと活躍します。

盾で捲れたヘブンズ・フォースから出てワンショットを防いでくれるのもポイントですね。

強力な1枚ですが、デメリットも存在します。
まず、自分の速度も遅くなること。こればかりはどうしようもないですが、相手にうまいこと処理されてしまうと1ターンの猶予を与えることになってしまいます。

もう一つ、後半のトップが弱くなること。盾を割りきったあとの「トップバイクオルァ!」がしにくくなるというのは、赤白バイクというデッキの性質上よろしくないと言わざるをえないでしょう。

といいますか、そもそも攻めに参加できないこと事態がデメリットですね。赤青バイクのオニカマスが優秀なのは踏み倒しメタ能力もですが、アンタッチャブルで殴ることができる点です。赤白のサプライズホールから出て来るアンタッチャブルですら優秀なのですから。

それらの点を踏まえても、ロージアダンテをとるには単機かこれを絡めないといけないので、赤白バイクにとって必須の1枚だと思います。

ということで、「メタクリは最低3枚」の持論に従って3枚投入している現状です。

光の特権の500が強いんだな、これが。

ではまた。

とあるDMPのデュエマについてのブログ

このブログでは基本DM(デュエルマスターズ)のことについて書いていくことになります。たぶん。

なおほんの一部のデッキにしか触れないと思われ…

まあ、メモ程度自分でとれよって感じですが、多くの人の様々な意見が聞けたらいいな~というのと皆さんの役に立てばいいな~というふわふわした思い付きで書き始めたという事で、

ゆったりとやっていきます。